学生論文執筆

UNIT 1 PART 2

GRAMMAR COMMENTARY

KEY SENTENCE:

  • Are you from Sydney?

  • Yes, I am. / No, I am not.

  • Do you play cricket?

  • Yes, I do. / No, I do not. I do not play cricket.

 

GRAMMAR COMMENTARY

  • 動詞「to be」の二人称を含む質問形式、例:「Are you...?」

  • 短縮形を含む肯定/否定の応答、例:「Yes, I am」、「No, I'm not」

  • 二人称で「do」の助動詞を使って「to be」以外の動詞を使った質問形式、例:「Do you...?

  • 「Yes, I do」、「No, I do not」のような肯定的/否定的な回答

  • 動詞「to be」の補語としての前置詞句, 例: 'from Sydney'.

  • 動詞「to be」の補語としての名詞句、例:’a rugby fan’

  • 不定冠詞「a」

  • 三人称代名詞、例:「it」

 

‘ARE YOU?’

生徒たちは、Unit 1 Part 1で「How are you?」という質問の一部として「are」にあったことがありますが、選択質問の一部として見るのは初めてです。ここで重要なのは、海斗が14ページ目の会話を「Are you from Sydney?」で始めることができたのは、13ページ目でメグがオーストラリアから来たと言ってクラス全員にプレゼンテーションを終えたところで、レッスン後に海斗がオーストラリアのどこから来たのかを尋ねるためにメグに近づいたからである。何の脈絡もなく 「Are you from Sydney? 」と会話を始めるのはおかしいですよね。

 

新版『New Horizon』の執筆陣は、2018年版よりも早い段階で疑問形を導入することにした。おそらくこれは、生徒が早い段階から英語でのコミュニケーションの練習を始めるためには、質問が重要だからだと思われます。質問の仕方を知らないと、会話をするのは難しいですよね。そこで生徒たちは、英語では簡単な質問は主語と動詞を反転させて作られることに気づく必要があります。これは、日本語と英語の大きな違いです。日本語では文末に「か」をつけるだけで疑問文になりますが、英語では簡単な疑問文でも主語と動詞を反転させる必要があります。これを不思議に思う人もいるかもしれませんが、言語によってやり方が違うことを受け入れれば、英語で簡単な質問をするための形式的な工夫はそれほど難しくなく、たくさん練習すれば簡単に使えるようになるでしょう。主語と動詞の反転を説明するのに数分もかからず、その後、練習に移ることができます。

 

‘DO YOU?’

もう一つの重要な文法項目は、一般動詞(to be以外の動詞)で疑問文を作るために必要な助動詞「do」です。「to be」では、主語と動詞を単純に反転させることで疑問文を作ることができ、「You are a teacher」が「Are you a teacher? 」になります。一般動詞の場合はそれができません。主語と動詞を反転させるだけでは、「You play cricket」を疑問文に変えることはできません(※「Play you cricket?」。 ダミーの助動詞「do」を主語の前に使い、動詞を主語の後に置いておけば、正しい疑問文の「Do you play cricket?」を形成できます。 現在形は「do」に記されており、動詞「play」は平板な形です。これは二人称では明らかではありませんが、三人称の形ではっきりとわかるようになります(例:「He plays cricket」が「Does he play cricket?」になります)。 New Horizonの教科書作成者は、三人称形の提示をUnit 6まで延期することにしました。

 

2018年版では、「Are you...?」と「Do you...?」が別々のUnitで提示されました。2021年版の『New Horizon』では、この2つの疑問形がまったく同じダイアログで一緒に提示されています。なぜこの2つの質問形式が一緒になっているのか不思議に思うでしょうし、それによって生徒が混乱してしまうのではないかと心配するかもしれません。そのため、2つの文型を一緒に説明するのはやめておくことにできます。2つの文型を一緒に提示することの利点は、生徒に説明する際に直接比較することができることです。もう1つの利点は、生徒がすぐに、動詞「to be」だけでなく他の動詞を使って様々な質問ができるようになることです。

 

すでにご存知かもしれませんが、助動詞の「do」が英語に初めて登場したのは、500年前のシェイクスピアの頃だと言われています[Thornbury]。それまで、質問は主語と動詞を単純に反転させて形成されていたので、「Play you cricket? 」は当時の文法的に正しいものでした(クリケットが存在していたらの話ですが!)。徐々に、一般動詞で質問を形成する「新しい」方法が、古い(単純な)方法に取って代わりました。

 

‘NO, I AM NOT’ / ‘NO, I DO NOT’

ここでは、動詞が「to be」の場合と、動詞が一般動詞(to be以外の動詞)の場合の否定の形も確認します。「I am from Sydney」の否定は「I am not from Sydney」であるという、動詞「to be」についての学習内容に基づいて、生徒たちは「I play cricket」の否定形は「I play not cricket」であると論理的に考えるかもしれません。しかし、英語は論理的ではありません(!)。一般動詞の場合、否定はダミーの助動詞「do」と否定の「not」を動詞の平板な形の前に使って形成されます(例:「I play cricket」→「I do not play cricket」)。時制はダミーの助動詞に記されており、動詞は平板な形になっていますが、これはUnit 6 Part 1で三人称単数形に出会うまではわかりません(例:「Takuya lives in Cebu」は「Takuya does not live in Cebu」になります)。

 

COMPLEMENTS OF THE VERB ‘TO BE’

前置詞句(例:「from Sydney」)が動詞「to be」の補語になることと、名詞句(例:「a rugby fan」)が補語になることが示されています。提示された名詞句には、不定冠詞の例が含まれています。教師の中には、不定冠詞をすぐに扱いたいと思う人もいるでしょうし、もちろん好奇心旺盛な生徒は、なぜこの言葉が必要なのか、どういう意味なのかと質問するかもしれません。しかし、今は冠詞を非常に簡単に扱い、この初期段階で生徒たちに感覚をつかませることが十分でしょうか。不定冠詞の使い方は、定冠詞と対比させずに説明するのは難しい。この2つはUnit 2 Part 1で一緒に出てきますので、そこで一緒に扱うことができます。

 

教科書作成者は、外国人と初めて話すときにこの特別な質問が有用であるためか、動詞「to be」の補語として前置詞句の使用を紹介しています。肯定形の「I am from X」は、自己紹介の際にも便利です。繰り返しになりますが、会話では「I am」よりも「I'm」という短縮形の方がはるかに一般的です。

 

日本にいて、オーストラリアから来たと思われる人に出会ったとすると、「Are you from Australia?」と尋ねることができます。 その人がオーストラリアのどこから来たのかをもっと正確に知りたければ、例えば「Are you from Sydney?」と尋ねることができます。国籍がわからないのに、日本で外国人に近づいて「Are you from Sydney?」と聞くのはおかしいですよね。これを紹介するのはまだ早いですが、「Where in Australia are you from?」という質問は、この余分な情報を引き出すためのごく普通の方法であり、多くの学生が苦手とする質問であることに注目してください。

 

注意点:

これらの文法形式の使用に関する明らかな状況上の制約はあまりありませんが、ここでも現在形は、誰かについての一般的な事実や、定期的に行っていること(例:「I play cricket」)を伝えたり、状態を表す(例:「I like soccer」)ために使われることを覚えておくとよいでしょう。現在形は、誰かが今やっていることを表すものではありません。

COMMUNICATIVE TASKS

Enjoy Communication Task (page 14)

Unit 1 Part 1では、「I like...」の言い方を学びました。このアクティビティでは、「Do you like...? 」という質問形式の練習をします。最後の質問は 「Are you...? 」という質問で、生徒は両方のタイプの質問を練習することができます。生徒が同じパートナーと1、2回アクティビティを行った後、パートナーを変えて、左のダイアログを完全に隠して、絵だけを頼りにするようにするといいでしょう。そうすれば、よりコミュニケーションに近いアクティビティになります。

 

 

EXTRA TASK

A survey of sports interests – ‘Are you a sports fan?’

Instructions:

  1. 次のページのアンケート用紙を生徒一人一人に配ります。(コピーしやすいように1ページに4枚あります)。)

  2. 生徒は教室内を歩き回り、「Are you a sports fan?」と尋ねます

  3. 答えが「Yes」であれば、生徒はその人がどのスポーツに興味があるかを推測し、アンケート用紙に興味のあるものを記入する

  4. (もし、生徒がクラスメートの名前に確信が持てない場合は、この質問を練習するために「Are you X?」と尋ねることもできます。)

  5. 最後の欄には、生徒は「Do you...?」で始まる質問を使う必要がある。

 

2人の生徒の会話は次のようなものになるでしょう。

A: Are you a sports fan?

B: Yes, I am.

A: Are you a baseball fan?

B: No, I’m not. I’m a soccer fan.

A: Soccer? Do you play it too?

B: Yes, I do. How about you? Etc.

 

あるいは、次のような会話になるかもしれません。

A: Are you a sports fan?

B: No, I’m not.

A: Oh, OK.

B: Are you a sports fan?

A: Yes, I am.

B: Oh. Are you a baseball fan? Etc.

EXTRA TASK

Are you from Australia?

Instructions:

  1. 生徒は6人のグループに分かれて座ります。

  2. 一人一人が、国名(と国旗)とその国の都市名が書かれたカードを受け取ります(次ページ参照)。

  3. 各人に次のページの表のコピーを渡す。(コピーがしやすいように、1ページに3枚あります)。)

  4. 順番に、他の1人に「Are you from (one of the 6 countries in the table)?」と尋ねます。

  5. その人は、「Yes, I am.」「No, I’m not.」と答えます。

  6. 答えが「Yes」であれば、質問者は「Are you from (the name of a city)?」などのフォローアップの質問をすることができます。

  7. その人は、「Yes, I am」または「No, I am from (name of the city on his/her card)」のどちらかを答えます。

  8. 他の生徒は、情報が明らかになるとそれをメモして、選択肢を狭めることができます。

  9. 勝利チームは、6つの都市の関連性を最も早く見つけたチームです。(いずれもオリンピックが開催された都市です)。