学生論文執筆

UNIT 11
STORY 2

GRAMMAR COMMENTARY

KEY SENTENCE:

  • Is there a campground near the lake?

  • Yes, there is.

  • No, there is not.

  • There are outdoor kitchens, too.

 

GRAMMAR COMMENTARY

  • 現在形存在文のYes/No疑問文,例:「Is there a campground near the lake?」

  • 現在形存在文の肯定文、例:「There are showers」

  • 過去形存在文の肯定文、例:「There was some trash」

 

‘THERE IS’ / ‘THERE ARE’

「There is/are」の構文は、旧版の『New Horizon Book 1』には含まれていませんでしたが、2021年版では導入されています。「There was」は112ページの会話文でも紹介されています。

 

「There is/are」は、何かについて初めて話すときに、それが存在することを言うために使います[EGIU]。例えば、「There is a campground near the lake」と言えば、まだ知らないキャンプ場の存在を誰かに伝えることができます。教科書の112ページの注釈にあるように、「There is/are」は日本語では「...がある(いる)」に相当します。「There is/are」は、特に、不定冠詞や無冠詞、「some」「any」「no」などの不定冠詞を持つ名詞句や、「someone」「nothing」などの不定代名詞と一緒に使います[PEU]。つまり,以下の例では,左の文が右の文よりも可能性が高く,アスタリスク(*)が付いている文は奇妙に聞こえるか,おそらく受け入れられないと考えられ,アスタリスク(*)が2つ付いている場合には,おそらく不可能であると考えられます。

定名詞句の場合は、この傾向が逆です。以下の例では、「There is/are」を使わない左の文が右の文よりも可能性が高く、実際には、3つのケースとも右の例はおそらく不可能です。

 

教科書の112ページの注釈では、「There is/are」は地名や固有名詞では使わないと説明されています。これは基本的には上の2つ目の表の通りです。

 

「there is/are」という構文は、日本の生徒にはかなり違和感があるかもしれません。文章の最初にあるダミーの主語「there」は一体何を指しているのでしょうか?また、なぜダミーの主語が必要なのかを説明しようとすると、すぐに深みにはまってしまうでしょう。そこで、「湖の近くにキャンプ場がある」は、「A campground is near the lake」よりも、「There is a campground near the lake」と英訳される可能性が高いことを説明するにとどめておいた方が無難です。いずれにしても、「there is」を使うことで、何かが存在するという情報が新しい情報であることを示していることが重要です。そのため、「there is」は不定名詞句に使われる傾向があります。

 

また、closed疑問文は「there」と「is/are」を逆にして「Is/Are there...?」となり、否定形は「there is not/there isn't/there's not」と「there are not/there aren't/there're not」であることも学びます。話し言葉では、短縮された否定形は、短縮されていない否定形の7~8倍の頻度で使用されます。「There isn't」と「there's not」は同じくらいの頻度です。「There aren't」は「there are not」よりもはるかに一般的で、「there're not」はかなり珍しいです。

豆知識

「There's no sense/use/point/need...」のような表現は非常に一般的です。話し言葉では、短縮形「there's」が「there is」よりも少なくとも3倍多く使われていることは注目に値します。面白いことに、インフォーマルな会話では、複数の名詞句に「there's」を使うことが最近ではよくあります。例えば、「There's three children in the corridor」や「There's some people who send us money」のような文章は珍しいものではなく、テレビやラジオのアナウンサーが無防備に話すのを耳にすることもあります。

COMMUNICATIVE TASKS

‘Practice’ on page 112

この代入練習では、「Is there...?」と「Are there...?」を区別して、3枚の絵に対してそれぞれの質問を作ります。112ページの一番下の指示では、海外の架空の友人に「あなたの学校の近くに...がありますか」という質問をし、ノートに書くように指示しています。

 

何度も言いますが、このような練習は非常に限定的で機械的なものです。新しい文法に慣れるためには、もっとたくさんの練習が必要です。また、文法項目の意味や使い方を完全に理解するためには、コミュニケーションのために文法を使う必要があります。理想的には、生徒が互いに意味のあることを言わなければならず、すでに知っている2つまたは3つの文法項目の中からいずれかの選択を迫られるようなコミュニケーションタスクを作成する必要があります。少なくとも、「Is there...? 」と 「Are there...? 」のどちらかを選択させるようなタスクをデザインする必要があります。例えば次のようなものです。

‘Speak & Write’ on page 113

最初の指示文では、自分の町の施設を紹介できるかどうかを生徒に尋ねます。生徒はペアになり、場所の絵について質問し合います。例えば、生徒Aは「Is there a park near your house?」と質問し、生徒Bは「Yes, there is. / No, there isn’t」と答えます。

 

この練習の問題点は、以下の通りです。1つ目は、生徒は「Is there…?」とだけ言えばいいということです。「Are there...?」を使うべきかどうかは考える必要はありません。2つ目は、住んでいる場所によっては、すべての質問に対して「No, there isn’t」と答えてしまう可能性があることです。3つ目の問題は、やりとりが非常に短く、会話に発展性がないため、面白みがないことです。

 

2つ目の指示文では、生徒に書く理由を与えるために良いシナリオが用意されていますが、目標文法(「There is」)を書くのは一度だけです。

 

全体的に見て、このSpeak & Writeアクティビティでは、目標文法のごく限られた練習しかできません。

EXTRA TASK

Is there/Are there?

このタスクでは、Unit 5 Part 1のEnjoy Communication Taskと同様の絵を使って、closed疑問文「Is there/Are there...?」、前置詞「on」「under」「in」「by/next to」「near」、そして不定冠詞と定冠詞を練習します。このタスクでは、生徒は新出文法を使い、既習文法を復習します。

 

Instructions:

  1. 生徒はペアで座ります。

  2. 生徒AとBに、次ページの絵を渡します。

  3. 下にある11個の物のほとんどは、2つの絵の中で異なる配置になっています。一部は同じ位置にあります。生徒は、お互いの絵を見ずに、質問しながらその違いを見つけていきます。

  4. 相手の絵の中にすべての物が入っているかどうか、それぞれの物が何個あるかもわかりません。

  5. 生徒たちは以下のようなやりとりをします。

(パターン1)

A: Is there a calendar in your picture?

B: No, there isn’t.

A: Oh! In my picture there is a calendar on the back wall above the bed.

B: OK, so the pictures are different.

(パターン2)

B: Is there a clock in your picture?

A: Yes, there is.

B: Where is the clock in your picture?

A: It’s on the wall on the right.

B: Oh! In my picture, it’s on the back wall. So, the pictures are different.

(パターン3)

B: Is there a watch in your picture?

A: No, there are two watches in my picture.

B: Oh! Where are they?

A: They are on the bed.

B: Ah, OK. In my picture there is only one watch and it is on the table. So, our pictures are different.

 

   6. すべての違いを見つけるまで、交代で質問を続けます。

   7. 違いを見つけたら、丸で囲んだり、メモをしたりします。

 

Note:

これはかなり難しいタスクですが、生徒たちがお互いにコミュニケーションするために、新旧の文法を使いこなすことができるようにするためのものです。「Is there/Are there...? 」の練習に加えて、単数形と複数形の名詞を使い分ける必要があり、場合によっては、不定冠詞と定冠詞を適切に使い分ける必要があります。したがって、このタスクには、生徒が効果的かつ正確にコミュニケーションするのに役立つ多くの文法が含まれています。タスクをモニターしながら、これらの文法項目に問題がないか耳を傾け、タスク中にできるだけ多くのフィードバックを与えればいいでしょう。生徒がタスクを終えたとき、いくつかのペアにタスクのやりとりをさせることで、気づいた共通の間違いに最新の注意を払いながら注意を向けることができます。