学生論文執筆

UNIT 5
PART 3

GRAMMAR COMMENTARY

KEY SENTENCE:

  • I went to the summer festival yesterday.

 

GRAMMAR COMMENTARY

  • 過去形 (規則動詞と不規則動詞)、例:「We enjoyed...」、「I went...」

  • 名詞句 「of」名詞句、例:「the end of the festival」

 

PAST TENSE

教科書の前版では、過去形は1年生の本の最後に紹介されていましたが、新版では、途中から登場しています。現在形のように、一般的に正しいとされていることや、通常の活動についてだけでなく、過去について話すことができるのは、生徒にとって非常に有益なことです。

 

New Horizonの新版におけるもう一つの改善点は、前版のように過去時制を現在時制と直接対比して提示しないことです。文法用語を見ると、この2つの形は対照的であるべきだと思われがちですが、機能的には、過去形はより直接的に現在進行形と対照的になります。「I am watching TV (now) 」は、私が今していることを表し、「I watched TV (yesterday) 」は、過去に起こったことを表すのに使われます。「I watch TV (every day)」は、定期的に行っていることを表すのに使われ、必ずしも今やっていることではありません。「I am watching TV」の過去形は「I was watching TV」だと主張する人もいるかもしれませんが、現在時制は通常、今やっていることを言うのには使われないということです。過去形を提示する際には、何と対比させるかに注意する必要があるのです。

 

過去形は大事な文法項目であり、慎重に教える必要がありますが、少なくとも普通の動詞に関する限り、その形成は比較的簡単です。書き言葉では、普通の動詞の最後に「ed」を加えますが、唯一のバリエーションは、「e」や「y」で終わる動詞です。厄介なのは発音です。過去形の形態素は、動詞の最後がどのように発音されるかによって、3つの発音をします。なぜ発音が変わるのかを生徒が理解できるかどうか、この点について数分話してみるとよいでしょう。「played」を最後の[d]音ではなく[t]音で発音してみたり、「cooked」を最後の[t]音ではなく[d]音で発音してみたりして楽しむことができます。口をひねって不自然な形を作るのは、とても滑稽なことです。[専門用語:「allomorph」(異形態); 「assimilation」(同化)。]

 

New Horizonの2021年版では、不規則動詞の過去形を規則動詞の過去形と一緒に提示することにしました。以前の版では、これらは別々に扱われていました。残念ながら、不規則過去形は単独で、あるいは限定されたパラダイムの一部として学ぶしかありません(例:「sing」→「sang」、「ring」→「rang」など)。人によっては、英語をマスターするためのハードルの高さを感じるかもしれませんが、もし生徒さんが落胆しているようであれば、日本語の動詞の活用が外国人にとってどのような複雑さを持っているかを少し考えてみるのもいいかもしれません。「来た→来た」だけど「切る→切った」;「食べる→食べた」だけど「撮る→撮った」などのJSL学習者の気持ちを考えてみてください。片方がタイプ1の動詞で、もう片方がタイプ2の動詞だと言っても意味がありません。その違いがわかりません。

 

生徒の中には、なぜ不規則動詞が存在するのかと疑問に思う人もいるでしょう。なぜすべての動詞が「平板な形+ed」という規則的なパターンに従わないのか?その答えは、歴史と、いくつかの(たいていは非常に一般的な)動詞が古い動詞の活用の一部を残していることにあります。不規則な形を維持していた一般的でない動詞は、徐々に規則化され、標準的な「-ed」という語尾を採用しますが、不規則な形を持っていた一般的な動詞は、日常生活でよく使われていたため、その形を維持し、通常の言語使用に定着していきます。これらは、言語の生きた化石と言えるでしょう。理論的には、生徒たちは英語で話すときに頻繁に使う必要があるので、これらの不規則な形に慣れ親しむことになります。日本語を外国語として学ぶ人は、「来ない」や「来なかった」を覚えるのに苦労しないのは、ほとんど毎日使うからです。おそらく、生徒たちは「was」、「were」、「went」、「came」などの言葉に慣れていくのでしょう。

 

英語が上達してくると、過去にさかのぼらない意味を表現するために、過去形がよく使われることに気がつきます。「I took them to school」という文では、過去時制の「took」が明らかに過去の時間を表すのに使われています。しかし、「I think it would be better if I took them to school next week」という文では、「took」は明らかに過去の時間を意味していません。これは興味深い言語現象ですが、この段階で学生にこの情報を負担させることは絶対にしたくありません。過去の時間について話す方法として過去形を紹介するだけで十分です。複雑な使い方はずっと後にしましょう。

‘NP of NP’

ある名詞句(例:「the end」)を前置詞句(例:「of the festival」)による修飾されることは極めてよくあることです。「the end of the festival」では、「of the festival」が頭の名詞句である「the end」の前置詞句補完語です。幸いなことに、生徒たちはこのようなことを学ぶ必要はありません。今のところ、生徒たちが知っておくべきことは、i). 「of」は日本語では「の」に相当すること、そして ii).要素の順序が英語では逆になること(例:「祭りの最後」→「the end of the festival」)。

COMMUNICATIVE TASKS

Enjoy Communication Task (page 52)

これは、コミュニケーション活動ではなく、置換えドリルです。生徒は、下線のついた単語を絵の上の単語に置き換えるだけ。聞いている人は何をすればいいのか、よくわかりません。おそらくこれは、52ページのメグのスピーチのようなスピーチができるようになるための練習だと思われます。しかし、絵の中にいる人物が何をしたか想像させるのではなく、生徒が昨日したことについて実際のことを言う絶好の機会のように思えます(下記の「What I did yesterday」のタスクを参照)。

EXTRA TASK

What I did yesterday

「Enjoy Communication」で簡単な置き換え練習をした後は、簡単な質問をして交流してみましょう。そのためには、「do」の過去形(例:「did」)を導入して、簡単な過去形の質問を作れるようにしておく必要があります。生徒は以下のような質問ができるようになる必要があります。

  • Where did you go yesterday?

  • What did you enjoy?

  • What did you eat?

  • How was it?

教科書では、過去形の質問はUnit 10まで紹介されていませんが、過去形を使ったコミュニケーションを練習する機会を与えたいのであれば、今のうちにいくつかの簡単な質問を紹介する必要があるかもしれません。

 

Instructions:

  1. 質疑応答の過程で、生徒から4つの質問を引き出すようにする。例えば、「Where do you go at the weekend?」という質問に対して、「週末はどこにいきますか」と英語でどのように言うかを聞いてみましょう。これを黒板に書いておくといいでしょう。そして、「昨日どこにいきましたか」という疑問文を英語でどう作ればいいかと聞きます。「do」の過去形が「did」であることを伝え、「昨日」の単語を覚えている人がいるか確認します。何人かは「Where did you go yesterday?」と答えてくれるはずです。同様にして、上記の他の3つの質問を引き出してみてください。

  2. 生徒全員に表を1枚ずつ配ります。(次のページ以降を参照してください。複数の表は、コピーしやすいように1枚にまとめてあります。)

  3. 「Me」の欄には、場所、そこで楽しかったこと、食べたもの、その活動がどうだったかについての一般的な評価を書きます。それぞれの欄には、1つまたは2つの単語だけを書き、文章全体を書いてはいけません。

  4. 生徒は立ち上がり、他の4人の生徒に4つの質問をし、その答えを集める。左側のコラムにある単語のプロンプトは、彼らが質問を作り出すのに役立つはずです。(質問をボードに書いた場合は、タスクが始まる前に必ず消しておいてください!)

  5. 生徒が質問を終えた後、何人かにクラスの他の人について何がわかったかを尋ねます。「Who did you speak to?」「What did you find out?」「Where did he/she go?」「What else did you find out?」「Did she/he enjoy it?」「What did she eat?」「Anything else?」などと聞いてみましょう。質問を聞くとき、動詞が平板な形で(「speak」、「find」、「go」)、生徒が報告するときに過去形(「spoke」、「found」、「went」)に変えなければならないという良い練習になります。

 

Note:

もし、まだ過去形の質問を導入したくないのであれば、過去形の文を引き出す指示文を使うことで問題を回避することができます。(以下のバージョンのタスクを参照)。

EXTRA TASK

Tell me about yesterday

このタスクでは、簡単な過去形の文章を練習し、定期的な活動について尋ねるための現在形の使用と対比させる機会を与えます。

 

Instructions:

  1. 生徒全員に表を1枚ずつ配ります。(次のページを参照してください。 複数の表は、コピーしやすいように1枚にまとめてあります)。)

  2. 「Me」の欄には、それぞれの生徒が、場所、そこで楽しかったこと、食べたもの、そしてその活動がどうだったかについての一般的な評価を書きます。それぞれの欄には、1つまたは2つの単語だけを書き、文章全体を書いてはいけません。

  3. 生徒がペアになり、生徒Aが「Tell me about yesterday」と言う。生徒Bは、例えば「I played basketball yesterday」のように、自分の文を一つ言います。生徒Aは、次のようにフォローする必要があります:「Oh! / Really? Do you play basketball every day?」。その後、二人は役割を交代し、Bが会話を始めます。(注:生徒は表のすべてのセルに記入する必要はありません。パートナーが言ったことをメモしておけばいいのです)。

  4. 生徒はパートナーを変えて、昨日した違うことを言わなければならない。

  5. 生徒が話し終わったら、何人かに、クラスの他の人について何がわかったかを聞く。

 

このタスクでは、過去について話すための過去形と、習慣的な行動について話すための現在形を、かなり自然な組み合わせで練習することができます。誰かが昨日何をしたかを知った後、私たちはその人がいつもしていることなのかと考えるかもしれません。

‘Small Talk 1’ on page 56

これは典型的な文法ゲームのアクティビティで、生徒たちが一緒に話す練習を何度もしたり、教科書でこれまでに習った多くの文型を復習したりすることができます。ゲームのようにするには、各ペアがサイコロとカウンターを使い、競争したり、話すトピックにランダム性を持たせたりするといいでしょう。もしかしたら、他のルールも考えられるかもしれません。例えば、一方のプレイヤーが先にセル「16」に到達して「勝利」した場合、2人の生徒はパートナーを変えて、もう一度やり直します。