学生論文執筆

UNIT 9
STORY 3

GRAMMAR COMMENTARY

KEY SENTENCE:

  • The children are happy.

  • The children look happy.

 

GRAMMAR COMMENTARY

  • 「look」 + 形容詞、例:「The children look happy」

 

‘THE CHILDREN LOOK HAPPY’

誰か/何かがどのように見える(look)・感じる(feel)・聞こえる(sound)・味わう(taste)・匂う(smell)かを表現するために、形容詞と組み合わせることができる動詞のグループがあります。例えば、次のように言えます。

 

  • You look tired. / I feel tired. / She sounds tired. [EGIU]

 

これらの動詞はリンク動詞と呼ばれることもあり、上記のsenseやfeelingの動詞に加えて、「be」、「seem」、「appear」、「become」、「get」という動詞が含まれます。このように形容詞とよく結合するのは、以上の10種類の動詞です。他の動詞はこのように形容詞と組み合わされることはありません。以下の文を比較してみてください。

 

  • 「Please be quiet.」 vs. 「Please speak quietly.」 (「Please speak quiet」と言えません).

  • 「I feel happy.」 vs. 「The children were playing happily.」 (「The children were playing happy.」と言えません) [EGIU]

 

なお、「look」の後には、形容詞の代わりに名詞句を使うことができます。例えば、「It looks a mess」と言うことができます。

 

誰か・何かがどのように見えるかについて、なぜ私たちがコメントするのかと考えると興味深いです。もちろん、私たちは誰か・何かについて無邪気に観察しているだけかもしれませんが、この構造を使ったコメントには何らかの意味が含まれていることが多いです。COCA話し言葉コーパスやBNC話し言葉コーパスから判断すると、この構造は、誰かを褒めたり、外見や服装について安心させたり、売りたい商品について話しているときによく使われます。例えば、両方のコーパスで「look」を含む最も頻度の高いトライグラムの中には、次のようなものがあります。

 

  • You look great / beautiful / amazing / wonderful / fine / fantastic / fabulous / nice.

  • He / She / It looks great / good / nice / cool.

  • They look nice / alright. (服・靴などについて褒める時)

  • It looks good / great. (売りたい商品について話す時)

 

また、「PRON+look/looks+ADJ」のフレームの約80%を「you+look+ADJ」と「it+looks+ADJ」が占めており、目の前にいる人や物についてコメントすることがこの構造の特徴です。これらのフレームが三人称の主語で使われる場合(例:He/She/It/They look/looks...)、自分の判断が正しいかどうかをその人からすぐに確認することができないため、発言の真偽についての不確実性が大きくなることがあります。

 

「You look tired」という表現も、単なる観察ではありません。むしろ、相手を気遣う表現であり、共感やサポートを示す方法である可能性が高いです。これは、新しい話題を始めたり、相手に心を開いてもらい、なぜ疲れているのかを話してもらうことで、会話を始めるための良い戦略となるかもしれません。重要なのは、この文型を使うことが動機付けになるということです。私たちは、目にしたものすべてについて「You look busy」「The sky looks blue」「She looks tall」と言うわけではありません。この文型を使うとき、私たちは何かに注意を向けたり、誰かを褒めたり、支持や共感を表明したりしているのです。

 

このことから、教科書の92ページの文章では、「They look happy」が何を意味するのかという疑問が生じます。書き手は、この子供たちが幸せそうに見えるのは、きれいな水を与えてくれる井戸があるからだという事実に読者の注意を向けているように見えます。この子供たちは、2枚目の写真に写っている、川に水を汲みに行かなければならず、その結果、学校に行く時間がない子供たちとは対照的です。書き手は「They look unhappy」とは言っていませんが、これがこの文章から私たちが受け取るべきメッセージであるように思えます。2行目の 「They look happy 」は、第2段落目に描写されている不幸な子供たちに同情するための間接的な手段であると考えられます。

COMMUNICATIVE TASKS

‘Practice’ on page 92

これも非常に機械的な練習です。生徒たちは、「/」を「looks」に置き換えるだけです。唯一の注意点は、動詞が主語と一致するように三人称の「s」を加えることを忘れないことです(例:'looks')。しかし、この練習では、なぜこの文型を使ってこれらの写真を説明する必要があるのかが明確ではありません。

 

2つ目の指示は、110ページと113ページの写真を見て、人々や天気がどのように見えるかを言い、ノートに書きなさいというものです。110ページのどの絵を見たらいいのかは明確ではありません。113ページ上部の3枚目と4枚目の写真を見ただけで、生徒たちは「She looks scared」や「She looks happy/excited」と言うことができるでしょう。しかし、この練習にはコミュニケーションの要素がありません。

EXTRA TASK

Look/Looks Bingo

このタスクでは、練習するパターンにもう少しバリエーションがあります。また、生徒は、パートナーが他の似たような絵の中からその絵を識別できるように絵を描写する必要があるため、ある程度のコミュニケーションを取る練習ができます。

 

Instructions:

  1. 生徒を4人のグループに分けます。

  2. それぞれの生徒に次ページのビンゴカードを渡します。各グループの4人の生徒が異なるビンゴカードを持つようにします。

  3. グループに、次ページの絵カード1セット(12枚)を渡します。

  4. 絵カードをシャッフルし、机の中央にカードを伏せて置きます。

  5. ジャンケンをして順番を決めます。

  6. 最初の生徒は、中央の山から一番上のカードを取り、他の生徒には見せずに、そのカードに書かれていることを説明します。例えば、「She looks happy」、「It looks new」、「They look hot」などと説明します。

  7. 他の生徒は、自分のビンゴカードに一致する絵があるかどうかを確認し、あればその横にチェックを入れます。絵を説明している生徒も、この絵が一致していれば自分のビンゴカードにチェックを入れます。

  8. 取ったカードは、中央の山に戻さず、別の山に捨てます。(ゲームが終わった後確認するため)。

  9. 2番目の生徒が中央の山からカードを1枚取り、絵を説明します。

  10. このようにして、ビンゴカードの横、縦、斜めに並んだ3枚の絵をチェックした生徒が「Bingo!」と叫ぶまでプレイを続けます。

  11. 他の生徒は、ビンゴが合っているかどうか、捨てられたカードを確認します。

 

下の表には、この文型で使われる典型的な形容詞が載せてあります。「Look/Looks Bingo」タスクをする際に、これらの形容詞を導入しておくといいでしょう。

‘Unit Activity’ on page 93

このアクティビティでできるスピーキング練習は限られたものであり、しかもその練習は非常にコントロールされたものです。ステップ2では、お互いに何を書きたいのか、どんなメッセージを伝えたいのか、英語で話し合います。自分のポスタープランについて英語で話し合うことができれば素晴らしいことですが、どのような話題のポスターなのか、メッセージは何なのかを尋ねるだけで、話し合いは限られたものになってしまうでしょう。

 

この活動をよりコミュニカティブにするには、生徒にタイトルと絵だけのポスターを作らせるといいでしょう。絵だけのポスターの場合は、ポスターの意図を説明する必要があります。その時に使う言葉は、教科書のポスターの例に書かれているものを使うといいでしょう。さらに発表者がポスターを説明するとき、他の生徒に質問させましょう。そうすることによってポスター発表はインタラクティブになり、生徒同士の会話を練習する機会にもなります。

‘Let’s Talk 3’ on page 94

道案内を練習するアクティビティです。しかし、ステップ3の「道を尋ねる」「道を教える」という練習をする際、ペアの2人ともが同じ地図を見ており、その地図にはすでにすべての情報が書き込まれているため、インフォーメーションギャップがありません。海斗は地図を指差して、「We are here. The station is here」と女性に伝えるだけです。もしかしたら彼女は地図を読むのが苦手かもしれませんが、それでも海斗が地図を指差せば、駅までの道のりはわかるでしょう。実際には、地図を持っていてもどこに行けばいいのかわからない人もいると思います。しかし、生徒AとBに異なる情報が書かれた地図を渡して、交互に道を尋ねたり教えたりするなど工夫すれば、教室での活動をよりコミュニケーション的でインタラクティブなものにすることができます。

 

Instructions:

  1. クラスをペアに分けます。

  2. 次ページの地図AとBを渡します。

  3. 2人とも、駅の前に立って「東」を見ていることにします。(赤い矢印の場所)

  4. それぞれの地図に共通してある建物は、赤くなっています。探している場所は、地図の下に書いてあります。

  5. 生徒Aは、まずお寺への行き方を尋ねます。

  6. 生徒Bはお寺への行き方を教えます。

  7. 生徒 A は、お寺の場所がわかったら、自分の地図の該当する場所に印をつけます。

  8. 次に生徒 B が公園への道を尋ね、Aは場所に答えます。

  9. 同様にお互いにもう一つの場所への道を尋ね、答えます。

  10. 終わったら、地図を机の上に並べて、お互いが正しい場所に印をつけたかどうか確認します。

‘Small Talk 2’ on page 100

これは良い復習の活動になりそうです。生徒は様々なトピックについて質問したり、答えたりすることができます。このアクティビティをさらに面白くするため、すごろくの要領で進めるといいでしょう。各ペアにコマとサイコロを用意し、サイコロを振った数だけコマを進めます。そうすることにより、ゲームの要素を取り入れることができます。一番早く16マス目に到達した生徒が勝者となります。その後、スタート地点に戻って新しいゲームを始めることもできるし、パートナーを変えてもう一度始めることもできます。アクティビティが進行している間、巡回して生徒たちの使っている英語を聞き、習った文法をどれだけ覚えているか確認しましょう。アクティビティが終了後に共通の間違いについてフォローするといいでしょう。